小鳥を飼育する前と家族を向かい入れた後にすること

小鳥を家族として迎え入れるにはその前段階からの準備、下調べは入念に行った方がいいかと思います。

どの種類の小鳥がいいのか。その小鳥について修正、寝かせる場所はどこがいいのか、冷暖房食事はきっちりできるのか。

病気になったら病院はきちんと診察してくれるのか。特に近くに動物病院がある場合は入念に調べることをお勧めします。

なぜなら小動物は診察はあまりしてないな・・と思わせるようなところがあると私は知人から聞いているからです。

小鳥が病気になった場合のことを考えて病院は調べておかないといざというときは対処できないからです。

それと小鳥を何処の部屋で過ごさせるのか。

小鳥は寂しがり屋なので常に一羽だけじゃなくみんなのいるところの方が安心して過ごせるとも言われています。

そして水浴びをするのに必要な水入れや餌となるものも確保するにはどうすればいいのか。

事前に調べておかないと行けなかったり迎え入れるにも時間と日数をかけなければならないことがあります。

また、迎え入れた後は大事に愛情を注ぐことができるか。

夏は暑さに弱く冬は寒さに弱いのが多くいりますので冷暖房もいるし夏場は特に水を入れ替える回数が増えてきます。

水浴びをしたときには周囲はびしょびしょになる覚悟も必要ですし機械もののそばは絶対にダメですし。

そういう対策も本当に必要だと思います。

それと色々調べてみて本当に自分たちで迎え入れて愛情を注いで最後まできちんと面倒を見ていけるかどうか。

得に気温は注意しないといけないのでその辺りも含めて注意しないとせっかく家族としてなったのに可愛そうなことは避けたいものです。

その辺りは注意して家族として迎え入れてあげてほしいと思いました。

参考:犬のフィラリア薬